浅川マキ 夜歌词


もう長いこと 腰かけている
古びたビルの壁の 割れ目が見える
風が呼んだ はじめて聞くメロディ
もう おやすみ
わたしは愛しただろうか

かすかに犬の 行くのがわかる
足音は迷いながら 近づいて来る
ドアを越えて 行かねばならない
だけど おやすみ
あれは過ぎた日だろうか

夢心地のままで 眠りに着こう
不安さえも 遠くにぼやけて行く
わたしはいつも あなたの隣りに居た
もう おやすみ
大きな暗闇だろうか

  • 专辑:灯ともし頃
  • 歌手:浅川マキ
  • 歌曲:夜


相关歌词

浅川マキ 夕凪のとき歌词

03/03 00:18
今はちょうど 夕凪のとき 風も止まって ほんのひと時 汗ばんでいる すっかり暗くなれば 外灯は星に向かって輝いて行く だが今は 夕凪のとき 季節の変わり目には 窓をあけて 夜の匂いを待つ 私の好きな 灯ともし頃は 寂しい時だろか 专辑:灯ともし頃 歌手:浅川マキ 歌曲:夕凪のとき

浅川マキ 赤い橋歌词

02/29 02:07
ふしぎな橋がこのまちにある 渡った人はかえらない むかしむかしから橋はかわらない 水は流れないいつの日も ふしぎな橋がこのまちにある 渡った人はかえらない いろんな人がこの橋を渡る 渡った人はかえらない 赤く赤くぬった橋のたもとには 紅い紅い花が咲いている ふしぎな橋がこのまちにある 渡った人はかえらない ふしぎな橋がこのまちにある 渡った人はかえらない みんなどこへ行った橋を渡ってから いつかきっと私も渡るのさ いろんな人がこの橋を渡る 渡った人はかえらない 路上有一条奇异的桥 渡过去的人没有

浅川マキ それはスポットライトではない歌词

03/13 02:06
もしも光が またおいらにあたるなら それをどんなに待っているさ ずっと前のことだけれど その光に気づいていたのだが 逃しただけさ だけどふたたび いつの日にか あの光が おいらを照らすだろう あの光 そいつは古びた街の ガス灯でもなく月明かりでもない スポットライトでなく ろうそうの灯じゃない まして太陽の光じゃないさ あの光そいつは あんたの目に いつか輝いて みたものさ またおいらいつか 感じるだろうか あんたは何を 知ってるだろうか It's not the spotlight It's

浅川マキ センチメンタル・ジャーニー歌词

02/28 01:26
浅川マキ センチメンタル・ジャーニー 专辑:灯ともし頃 歌手:浅川マキ 歌曲:センチメンタル・ジャーニー

刘玉翠 借多一夜歌词

01/24 20:52
刘玉翠 - 借多一夜 ↑歌词同步:斯琦女鞋 ↑ ★==N===E===S===★===T===E===R==★ ◆Nester&"蓝色"永恒之恋系列LRC◆ (白:我承认 我做过�一切 但系 我并�爱过你 如果有 都只系�一晚 或者�一晚 我系太冲动 但系 �又有乜分别呢) 深宵中的一部汽车 独自在旷野 梳化椅竟不断放松 只向后斜 你我这晚态度狂野 爱意这刻倾泻 似要接上故事情节 再编写 收起手中深绿雨遮 望月亮更斜 就让欲望翻起风浪 赊了又借 你我既要继续狂野 爱意哪可推卸

汤正川 夜逍遥歌词

03/17 00:31
夜逍遙 风里浪里多逍遥 共你水中漂 点点星光照 月挂千里遥 为了谁照耀 一片水波 轻烟飘渺 是梦里情调 传来歌声风里飘 看你眼角轻带一丝浅笑 今晚像梦像幻太微妙 难料 漂到静悄的小桥 共醉此深宵 彼此相看笑 静听歌弄潮 浪似琴韵妙 隐约风声蟋蟀低叫 浪漫有情调 微微幽香风里飘 看你眼角轻带一丝浅笑 今晚像梦像幻太微妙 难料 专辑:寻知己 歌手:汤正川 歌曲:夜逍遥

川井憲次 美夕八千夜歌词

04/12 04:16
美夕八千夜 作詞:垣野内成美 作曲:寺嶋民哉 扉(とびら)を開(あ)けて そこは永遠(えいえん) 遠(とお)くの呼(よ)び声(ごえ) 誰(だれ)の声(こえ)? 髪をなぜるの あなたは誰? 笛(ふえ)が語(かた)るは 願(ねが)いの故郷(ふに) 通(とお)り過(す)ぎてゆく 時間(じかん)と想(おも)い 友(とも)だちなんか いらないの (うそだよ) 自分(じぶん)だって いらないの (ほんとだよ) 砂(すな)の足跡(あしあと) くずれてく 夜(よる)は不思議(ふしぎ) 本当をかくして 現(うつ

石川さゆり 桜夜歌词

03/27 05:05
歌:石川さゆり 作詞:さだまさし 作曲:三木たかし 銀河を砕くように桜散る ひらひら盃に浮かばせて 映る月日を飲み干すように 不意にあなたは去ってゆく しあわせか ふしあわせか それくらいわたしが決めてもいいでしょう 花は咲き 花は散り いつもいまでもあなたが好きです 微かな恋ならば忘れましょう 夢ならいつの日か醒めましょう けれどまごころ懸けた愛ゆえ 永遠に忘れられない しあわせか ふしあわせか それくらいわたしが決めてもいいでしょう 海に向かい 風に向かい いつもいつまでもあなたの名を呼ぶ

古川本舗 枯れる陽に燃える夜は歌词

03/26 17:12
割れた窓.欠けた月 椅子の無い部屋 紐無し靴.イースターエッグ いらない物ばかり 言えないだけ また.だらり もつれているのは まだ消えない明日のの不安と目覚ましの音 君が遠く思い出す日々の事 讃えたって.焦がれたって 変わらない今日の枯れた朝に燃える夜は産まれた 退屈は羽根を震わせ行ってしまうだけ 冷えた窓.濡れた目に 嘘だらけの歌 手放す事を恐れたら また壊れた 僕ら今日は目を閉じずに眠った 鬱いだって.崩れたって 変わらない朝の晴れた終わりに燃える夜は砕けた 言いかけて辞めた想いを 吐き出