中恵光城 神隠し 歌詞


中恵光城 神隠し歌词

04/03 20:08
遊びに行くなら この子も連れてきゃ 乳呑児(ちのみご)背負って 手てら繋いで 陽が暮れたら 戻ってこんしゃ 山ん中へ 行ったらあかん 陽が暮れまい 戻ってきいや 山ん神様 誘われちまう あんたがたどこさ あの山向こうじゃ 焚き木捨うて お唄をうとうて 遊びながら 働けんども 山ん中は とつくに近うて 陽が暮れんど 戻ってきいや 口五月蝿(うるそ)う 言われてようよ そんだば速れしょ 行ってみやせんしょ 目じるし置いて 手てら繋いで 陽が暮れたど 戻らなあかん 聞かんと奥へ 行ったらあかん 里へ戻

中恵光城 手鞠歌歌词

05/19 06:31
ててて 手まりをつきましょか ててて 手まりをつきましょか ひとつ ふたつ みっつ ててて 手まりをつきましょか おらの声が聞こえるかい よっつ いつつ むっつ ててて 手まりとうたいましょ おらと一緒にうたいましょ ななつ やっつ ここのつ ててて 手まりはもどります おらのお手にもどります みっつ ふたつ ひとつ ててて 手まりをつきましょか ててて 手まりをつきましょか... +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 05手鞠歌 来来来

中恵光城 あやかしかいぎ歌词

03/26 16:09
あやかしかいぎ 作詞 : 黒川うみ 作編曲 : 片琴ゆうじ たそがれ刻遊んでる 悪い子供どもに教えちゃろ 影法師に神隠し 手鞠唄なんぞ歌っちゃろ ウサギうさぎオクリウタ 人喰いアジサイお月さま 狐どんに誘われて 綺麗な嫁さん隠された 「もういいかい?」 「まあだだよ」 「もういいかい?」 「まあだだよ」 こわいコワイ夜が来るのに まだまだ遊ぶ子供どもや 知らんシラン何が起きても わらわら笑う子供(ガキ)どもや 行きはよいよい帰りはなぁい ぼたぼたよだれウマソウダ ひとりくらい喰うてもええか わら

中恵光城 黄昏トンボ歌词

04/17 02:02
黄昏トンボ 作詞:黒川うみ 作曲:ジン 編曲:ジン 歌:中恵光城 いと恋しや.と再会を願う 天河の岸と岸のよう出逢えぬ二人 望月まに.星は薄燈く流れ 芒は風にしなうまま 宵は更けて.刻は過ぎ去るの 一夜(ひとよ)一夜の恋心 一色(ひとつ)一色織り重ねても 叶うことなく.帰るとなく 遥空(そら)に散り溶け消えてゆく 彼(か)は誰とき.と持ち続けても おとない人は夫婦(めおと)の黄昏トンボだけ 淋しさ余り.空に消えられたのなら あの人は追いかけてくれるのかと. ふと思いながら くるりくるりと周り道

中恵光城 四面楚歌-Mitsuki ver.-歌词

03/26 22:25
四面楚歌-Mitsuki.ver- [ユグドラシル-Filie Best Album-] 作詞:あたいわだれか 作曲:あたいわだれか 編曲:HIR 歌:中恵光城 静(しず)まりし夜(よ)の大地(だいち)に響(ひび)く 懐(なつ)かしき故郷(ふるさと)の歌(うた) 是(こ)れ何ぞ楚人(そひと)の多(おお)きや.と 杯(さかずき)をかわして 幾重(いくえ)に囲(かこ)む漢軍(かんぐん)の 轟(とどろ)く楚(そ)の歌(うた)流(なが)れれば 万里(ばんり)を手(て)にした覇王(はおう)でさえも 今(い

中恵光城 影法師歌词

04/01 22:51
01 影法師 詞:つきみ 作/編曲:村里翔太(arc) 歌:中恵光城 ひとつ ぽつり 影法師 花の傘 少女が一人 しゃんしゃん しゃらら 鈴揺らす 竹馬ごっこは さようなら 海の向こうの お人形抱いて かかさま眠る 土の元 一生分の お参り ひとつ ゆらり 影法師 青い瞳の 異人がひとり しゃんしゃん しゃらら 花を摘む 一夜の夢は さようなら 離れるならば この腕抱いて 手折れば永久と 笛を吹く 行く先知るは 風のみぞ ひとつ ふたつ 影法師 暗(やみ)はまやかしと 嘯くように 細道照らす お

中恵光城 契り鬼歌词

04/30 10:19
契り鬼 作詞 : 中恵光城 作編曲 : ジン 月翳りて 帰路は暗夜に隠れ 迷い子は転けつまろびつ山に独り 白ノ衣 鬼ノ面 現れたのはこの世のものとは思えぬ美しい存在 母のような女ノ姿は 頬を撫で.問う 「あな.いとあはれ.助け望むか? ならば さぁ 約束(契り)を結べ」と 怪しく笑い 小指差し出す 無垢な子は 嗚呼 言われるがまま 泣いて縋り 小指結んだ "他言無用" 好奇の心に負け 其の契りを破り 村に言いふらかす 紅ク燃ユル 鬼ノ山 聴こえる音は大人たちの勝ち鬨の声だけではなく 木

中恵光城 未来を謳う詩人歌词

04/28 10:29
[1st Best Album「Ricerca-リチェルカ-」より] 僕たちは謳うよ 君たちの未来を 胸騒ぎを飛び越えてゆく輝きを ちいさな嘘を重なるたびに 罪の意識で今にもつぶれてしまいそう それでもここに立っているのは 夢を繋げて未来へ届けてゆきたいから 遠いむかしに気がついて 願って.戦って.傷ついた人たちがいた その涙を悲しいだけで終わらせないために 僕たちは歌うよ 君たちを信じて 神様さえ知らない希望声高く 僕たちは謳うよ 君たちの未来を 胸騒ぎを飛び越えてゆく輝きを どこかに永遠があ

中恵光城 慟哭の杜歌词

04/16 23:52
翠深き神の社 射干玉-ぬばたま-の夜は更け 浮く月の明けしや 夜な夜なと奉げしは 決してもう逢えはしない きみへ歌う唄を この聲-こえ-も 猛る哀しさも 泣くことさえ叶わぬままに 焼きついた灰の光景が 呼吸さえも殺めて記憶-とき-を奪う 朽ち果てた塞の神 紅の色映し 千早振る我をして はらりらと和すきみ 理も 何もかも 切り裂いていけば その聲も 震える身体も この手で 嗚呼 守れただろう どれ程に求めただろうか 届かぬまま 焦がれ叫んだ いつか交わした言葉 指切り 約束-ちぎり- "とわにまも

中恵光城 季ノ狭間歌词

04/30 12:15
ゆう ゆぅ ゆるり たゆたう想いは未だ 囚われたまま 届かない ゆぅ ゆら ゆらり たゆたう時間にさえ 忘れ去られた 季ノ狭間 ゆう ゆぅ ゆるり たゆたう小舟の先 煙(けむ)にのせましょ 文流し ゆぅ ゆう ゆらり たゆたう心の奥 声にならない 歌唄い 詠み人しらずの唄が またひとつ 宵闇に紛れ.交わりを迎えました. 哀しみを忍びながら 小指に絡まる糸に触れていた 此の夜を越えたならば 貴方にまたお逢いできるのだと 私は今も.口ずさんでいます. ゆう ゆぅ ゆるり たゆたう波間に触れ 紋に揺ら

中恵光城 或る春のことだった歌词

05/08 05:19
それは或る春のことだった 星のまたたく夜だった 桜の下に並んで座って 宛てない夢を語り合った 少し腕が触れただけで おかしいくらい火照った 帽子で隠れた貴方は どんな表情をしていたんだろう それは昔からだった 金平糖が好きだった 貴方と食べる金平糖はね とても甘くて好きだった 少し洒落た喫茶店で懸命に背伸びをした 気付いて微笑む貴方は大人なのだと思った それは或る春のことだった ある麗らかな春だった 桜の花が静かに咲いては 黙したままに散っていく 少し低い好きな声が "待たせました"と

中恵光城 とおりゃんせ歌词

03/29 17:41
ひとつ積んでは母のためと 通い歩いたこの百の日々 どこまでも続く赤鳥居 ランプを頼りに歩きます こーん こーん 誰かが人を恨むように 一途な想いで進みます 優しい顔した かかさまに どうか もいちど逢わせて下さいませ とおりゃんせ とおりゃんせ 口ずさんで とおりゃんせ とおりゃんせ とおりゃんせ とおりゃんせぇ この願いを天まで とおりゃんせ お天気雨に導かれて 辿り着いた狐のお堂 少し休ませてくださいな おきつねさまは哂った こんこんこん とおりゃんせ とおりゃんせ とおりゃんせ こっちにお

中恵光城 Alphard歌词

05/21 02:20
アルバム書き下ろし曲 歌:中恵光城.ひろさわけんぢ 目に視えないものは怖いかい? 君は 隙間なく理由を敷き詰めてる 手にとれないものは怖いかい? 君は 絶え間なく理屈を組み上げてる ねぇ だけど気付いて欲しい それはただの 箱庭に過ぎないんだと 本当に大切なものは この目には視えなくて 言葉には出来ないままで 其処に漂っている 目の前のあやふやなものを 心で確かめるの 形を超えた先に 確かなものがある 一番怯えているのは 君じゃないか 誰も君を 遠ざけようとしていないのに どうして幸せか分かるか

中恵光城 青いカナリヤ-Acoustic ver.-歌词

05/22 11:45
フィーレ「詩紡ぎ-フィーレ-」より Piano:圭輝 A Guitar:なみへい 聞いてください 私の歌を 聞いてください 私の歌を-- 幸せを謳う 青いカナリヤ 彼はまだ 雪解けの瞬間(とき)を夢見てるのだろう 幸せ求める 人に届けと 今はもう 枯れ果てた声で歌い続けている るるりらら 私の声が聴こえますか-- 聞いてください 私の歌を 聞いてください 私の歌を 愚かな幸を追って 視力(め)を失った人々に 幸せの祈りは 聴こえない―― 幸せを捜す 盲目の少女 その手には錆びた鳥籠 "幸せを手に

中恵光城 千年の花歌词

05/18 18:56
ふわり 風に感じる 優しい花の薫り 見上げれば満開の木 目を疑う 真昼に見る夢のよう 綺麗すぎて怖い 現実味のない景色 手を伸ばせば 届きそうで (僕を呼んでく 君は誰?) 僕の現在(いま)と君の過去(ゆめ)が共鳴してる 千年の時越え 実らずの花開く 届けられた 祈りの歌を聴いた 狂い乱れ咲き 花ひらり はらひらり 笛を吹く 君の姿が綺麗で ゆらり 影が滲む あふれる涙の向こう 知らないのに知っている 胸が痛い 君が呼んでいる名前 君に向けた想い こみ上げてくる感情は 僕のじゃない 誰の記憶?

中恵光城 玉響蛍歌词

04/04 09:24
玉響蛍 作詞 :中恵光城 作編曲 : 如月秋祐 盛者必衰 永久は何処にもありません. 命でさえも 瞬いた途端に消えるもの. 贄を捧げて 厄を遠ざける村儀式 蓋を開ければ 醜い厄介払いでしょう? 玉響 ゆらゆら 揺れて 穢れ知らぬ蛍は 玉響 ゆらゆら 揺れて 淡く命燃やして ほ ほ ほたるこい 見知らぬ者に玩ばれる前に 私のようになってしまう前に 誰も居ない闇へと消えてしまいなさい 見えない声に四肢を絡ませて ほ ほ ほたるこい 佳人薄命 誰もが哀れみを嘯き 病の果てに 尊い贄へと仕立て上げる.

中恵光城 指切唄歌词

03/30 12:38
指切唄 作詞 : 黒川うみ 作編曲 : 翡翠 小指出しませ 指切りしなせ 愛のあかしに 言のちかいに 小指出しませ 指切りしなせ 恋のたわむれ 踊るでまかせ ひとり ふたり さんにんと 絡まる指がいっぽん多い 誰の指? 小指出しませ 指切りしなせ 仁のかたぎに 夢のはじめに 小指出しませ 指切りしなせ 金のむしんに 片のかわりに いつつ むっつ ななつめと くちつく嘘がいっぽん多い 誰の嘘? 小指出しませ 指切りしなせ 次のつきには 次のばんには 小指出しませ 指切りしなせ 実はいつわり 贋のゆ

中恵光城 桜花狂咲歌词

05/05 13:18
来自于http://yyya0126.blog126.fc2.com/blog-entry-228.html 中惠多次唱出的點題句→ もう一度.お会いしましょ並沒有出現在歌本上 作詞:Jager 作/編曲:如月秋祐 vln:Riko.ジャッカル 藍色の闇が追り 名殘惜しそうな夕暮けは ゆっくりと消えてゆく 重だげな雨雲が唸り 遠くに響いた春雷が 静寂に木霊した 冷えた身体を寄せてみても 嗅ぎ慣れた愛しい匂いは 土埃が奪って じっと黙っている貴女と 不安で重ねた唇は 冷たく渴いていた 重なる影 抱

中恵光城 Arco-Iris歌词

03/18 12:42
vl:Riko.ジャッカル fl:夕夜朝未 ob:悠花 The child was born underground. She has a black hair,an amber eyes, and the name of the goddess of a rainbow...iris. Soon,she goes to the dark world and meets a boy. The true keeper with an eternal life welcomes their visi

中恵光城 おにのはなし。歌词

04/29 23:06
おにのはなし. 作詞 : 中恵光城 作編曲 : 塚越雄一朗 人喰らい 人喰らい やいやいや そこのお山の三丁目 誰も知らない恐れ山 夜な夜など さめざめと ぼつねんと 遠く静かに泣いている アナタハダレ? 『なにかかなしいことでもありましたか?』 『かえらなければとたんにくらいつくすぞ』 もう戻れない 嗚呼 魅せられてしまった わたしは雀の仔 仕掛けられた罠と知れども あなたの双眸 は寂しさを移って 黄泉に縁取られて わたしと同じ色をしてた 喰らい鬼 喰らい鬼 やいやいや 人を喰らわぬ人喰らい